公家行列 当日

ついにやってきましたこの日が、お祭りに参加できるのは大変楽しいことだが、取り組み(踊り)のメンバーはかなり気が滅入っています。なぜかこの17日は雨が降らないのでとても助かります。01年度からボランティアのカメラマンを募集して、最初から最後までを記録として撮ってもらっていますのでお祭りに集中出来て大変助かります。

朝6時起床、神社での目覚めは一段と良い。

8時に公民館に集合、着替えと同時に化粧をします。顔を白く塗り、アイシャドーと頬紅、口紅を塗ります。

10:30頃

神社での神事の最中。このあと御神輿に神様が移されます。

出番を待つ飾りの数々

歴史は古いがかなりマイナーなお祭りのため観客は僅か。

この日は地元小学生が見学に来ていました。

いよいよ出発。

「アーサーテーサー」とかけ声が神社の境内にこだまします。

行列の真ん中

午前中は約50分かけて700mほどをねりあるきます。

午後は1時間ほどで1kmを練り歩きます。

お昼の休憩風景。消防団のメンバーは奥の座敷でつぶれています。

YBSラジオ(山梨)が取材に来ました。

これはその取材風景

午後の行列が終わって山神社に帰って来たところです。見物人屋カメラマンがほとんどいないので雰囲気あります。
行列が神社に着いて御神輿をしまっているときです。右から3人目までは取り組み(踊り)のメンバーです。息も上がってばてばて、かなり辛いです。

お祭りが終わった後。

子供がもらった花飾りを楽しそうに振り回していました。