2004年6月5日(土)本栖湖青少年スポーツセンターの研修室にて、「水辺の環境」をテーマにシンポジウムを開催しました。参加者は30名。遠くは北海道から駆け付けて、各地の様子を発表してもらい、今後のレジャーと環境のあり方を考える良い機会でした。参加者も、環境省役人、ダイバー、釣り人、ウインドサーファー、漁協、ジェットスキー利用者と多岐に及び、多くの利用者の意見が汲まれたと思います。
         主催は、水辺の環境と水域レジャーの安全を考える全国連絡会。

 開会時の挨拶です。
各地の様子を紹介しているところです。

写真は琵琶湖、井上さんです。

このあと本栖湖、そして北海道の支笏湖と、近年の環境の変化、そしてどのようにあるべきかと発表されました。

発表のあとは、パネリストと、参加者を交えて、水辺の環境について意見交換です。
参加された方は意識が高い方が多く、真剣に聞き言っていました。
 注:私もパネリストとして参加していたため十分な写真がとれませんでした。
   写真と説明が微妙に違うところがあります。
 報告  
  シンポジウム  


topページに戻る