ゴミの様子です。ゴミそのものはハッキリと分るほど減っています。昔からのゴミはかなり少なくなっています。反面最近のゴミが多く集まるのですが、観光のゴミと思われるのは少なく、やはり多く利用されている釣り人のゴミが目立つと参加者はいっていました。あとはたばこの吸い殻、これは相変わらず大量です。
水中からタイヤがたくさん引き上げられましたが、去年きれいにした場所にもまたタイヤがある「明らかにまた捨てられた」といっていました。

右:約、1時間半の清掃時間を終え、参加者が続々集まってきます。集まってきたゴミは、その場で分別されて村指定のゴミ袋に詰めていきます。
左:座ぶとん?  
右:下部側の水中(Dー4、Dー5)のエリアからあげられたゴミです。
左:燃えるゴミと、燃えないゴミを合わせて、ちょうど

軽トラっく1だいぶん(去年は2台あった)。

 右:粗大ゴミ

この標識も粗大ゴミ?湖畔のやぶにあったと聞きました。

左:鉄屑や、塩ビ管など。やはり湖畔の草むらにありました。
右:これもゴミです。20年ぐらい前のウインドサーフィンのボードです。
ちょっと気になるゴミ:たばこの吸い殻が非常に多い。
毎年言われていることなので、いかにマナーが悪いかと言うことですが、この写真のようにあちこちに投げ捨てるのではなく、一ケ所にまとめて捨てている。少しは気にしているのかな?なんて一瞬思ってしまいますが、捨てているのは同じこと。携帯灰皿ぐらいは持って下さい。

  報告  
 ゴミの様子 
  シンポジウム  

topページに戻る