8時30分から開会式の予定でしたが、小雨がまっているので、集まりが悪くどうしよう?なんて思っていました。

それでも少しづつ集まってくれて、結果59名の一般参加者が協力してくれました。

予定より10分ほどおくれて開会式を行いました。

雨が大降りになる前にと急いで清掃を開始です。

それでもだんだん小降りになっていくのが分りましたので、溶岩帯も、本栖湖常連のかたがたにお願いして決行です。

本部前より入水していくダイバー達です。

Dー3地点で用意していたダイバーです。
陸上のDの地点:この場所の利用者は釣り人95%、キャンパーが時々、車の窓から崖の上から投げ捨てられるゴミ少々、と言った場所です。

それなりにゴミは出てきますが、絡まった釣り糸、ジュースのゴミ、コンビニ弁当と、利用者がすぐ分るゴミが多かったです。左は、草むらの塩ビパイプを持ってきたところ。

右:ジュースの缶や、ペット、が水中に見えます。ワームもね。
最初はカッパを着ていたんだけど、雨が止んだとたん気温が急上昇。暑くてみんな上着を脱いでいました。
この白いのはゴミ?違います。ブラックバスの卵です。
ちょうど産卵の季節です。

この卵のすぐ上に親がいるのが見えますか?
小魚から卵を守っています。

バスを駆除するのなら、この卵を集めて回ると言うのも効果的かも知れません。本栖湖では良く見えます。

ゴミ拾いとは関係ありませんが、カヌーが気持ちよさそうでス。
Cの溶岩帯から参加者がゴミを山盛りもって出てきます。

一番ゴミが集まったのではと思います。

Cの溶岩帯から参加者がゴミを山盛りもって出てきます。

一番ゴミが集まったのではと思います。

漁協や、観光協会からも手伝いにきてくれました。
ゴミが少しずつ集まってきているところです。

  報告  
 作業の様子 
  シンポジウム  

topページに戻る