ーーー本栖夜祭り/夏祭り(金礼様祭)ーーー

うんちく

毎年7月に17日に開催されます。日が沈む少し前、お祭りに参加する若者は、「アローーア 六根清浄  アナーーア 南無阿弥陀仏」とずっと唱えながら湖まで歩きます。今は下の写真のようなはっぴをみんな着ていますが、昔は浴衣を着てこの行事をしました。何も知らない観光客は何かの新興宗教みたいな感じに見えてびっくりしたことでしょう。湖畔にて、ろうそくに灯をともし、湖の水にて手を洗い、塩で清めた後、『南無富士山 小御岳石尊 大天狗 小天狗 おゆめの内に 南無師命頂禮 懺悔 懺悔 大山大使 不動明王』を7回、5回、3回と念仏?をくり返した後、地区の入り口にある金礼様まで再び唱えながら歩きます。金祖さんに納められている神輿に神様を移した後、提灯に火を入れ、祭りが始まります。あとは、写真のように暴れるだけです。暴れすぎて壁に御神輿をぶつけた拍子に神様を落としたり、飾りが炎上するのは毎年のお約束です。今の若者は酒をあまり飲まないので、お祭りもだいぶ静かになりましたが、20年ほど前は、それこそ昼間から酒を飲み、夕方には全員泥酔状態で神輿を担いだそうで、暴れっぷりもすごかったと、村の人は口をそろえて言います。しかし、今の現役は私を含めて疲れ気味です。、しかも当時は30人近い若者がいたそうで、今はその半分の15人で、重い神輿を担ぐには1人1人の負担が大きくなってしまいます。ですから元気なボランティアを募集します。神輿を担いでで騒ぎたい方いましたらこちらにメール下さい。


写真集

イベントのページに戻るIトップページに戻る