ーーー ダイビング ーーー

この付近でダイビングといえば普通は伊豆の海や、南の島でのダイビングを想像しますが、実は本栖湖においても盛んにダイビングが行われています。夏の暖かいときは毎日のようにショップの講習が開かれています。淡水ダイビングが出来るところは日本でも数カ所しかないらしく大変珍しいそうです。そして本栖の海抜は902mとかなり高く、通常の海(海抜0m)より気圧が低いため特別な注意が必要です。詳しくはタンクを借りる時にショップの方に確認してください。本栖のダイビングショプは2店あり、GIGI湖庵です。

時期的に一番ダイビングに適しているのは5〜6月、9月中旬〜11月頃になります。7,8月は?と思われるでしょうが、水温は高くいいのですが、透明度が下がり、またジェットスキー、ウエイクボード、ウインドサーフィンの人たちが相当多くて危険が多いので、個人、もしくは少人数での潜水はおすすめできません。冬の間も出来ますが、かなり寒いし、安全のためにも地元ショップのガイドをおねがいするといいと思います。gigiのオーナーがレッスンとガイドもしていますので聞いてみるといいでしょう。

高度潜水スペシャリティーとナイトロックススペシャリティーの講習もめずらしいと思います。(gigiにて)

本栖湖でのダイビングの特徴

海と違った感覚、水がさらっとしている。
水中に巨木がみられる。
水中に穴が無数にある場所があり、特におおきいのは底が分からない
 ほど深い(危険なので場所は秘密、上級者はガイドに頼んでください)
淡水魚が見られる。4mもある鯉を見たという噂も、、1mほどなら
 運が良ければ遭遇できます。
機材がきれいになる(笑)
高所ダイビングをしたと自慢できる。
ナイトロックス(酸素濃度の高いタンク)をつかえる。
モッシーに会うことができるかも?

注意点

タンクの持ち込みは禁止。安全確認のため必ず本栖湖のショップにてタンクを借りてください。
高所、淡水ダイビングとなり普通のダイビングとは感覚が違います。初めての方は経験者とともに
 潜ってください。
本栖でジェットスキーをする人はマナーが悪いです。自分の身を守るためにも十分注意してください。
ダイビングポイントは釣りのポイントでもあります。釣り人とケンカにならないようにお願いします。
水中にもゴミがかなりあります。少しの時間でいいですのでゴミ拾いに協力して下さい。

水温 (00年度のデータ)
 5月 10〜14°   
 6月 14〜18°   
 7月 18〜22°   
 8月 22〜26° 
 9月 24〜26°
10月 18〜24°
11月 16〜18°


        

プレイのページに戻るトップページに戻る