ーーー本栖湖紹介ーーー

本栖湖のうんちく
本栖の特産品

特産品 

椎茸・・・生の椎茸ではなく乾燥椎茸です。ほとんどの家庭で栽培しています。最盛期は4月、9月にも少し採れます。今では高齢化のため一時期ほどの出荷量はないが、まだまだ本栖の主産業です。おがくずなどは一切使わず全て椎や楢などの原木をつかいます。ちょっと林の中にはいるといたる所に原木があります。地元曰く、本栖の椎茸が一番美味いそうです。気候が合っているのでしょうか。農家に掛け合えば生でも、乾燥でも譲ってもらえます。乾燥で1kg5000〜4000円が目安です。生なら1kg1000円程です。(地元の若者はたいてい椎茸を食べません。子供の頃から食べ過ぎて嫌いになったでしょう。)

トウモロコシ・・・たいていの野菜を生産していますが、市場に出すのはトウモロコシぐらいでしょうか。夏になるとキャンプ場や地元売店で取れたてのトウモロコシを販売します。やはり取れたては美味い!!地元ではとってから2日もたつと味が落ちるのでよそにあげてしまいます。それだけ鮮度が命なんでしょう。8月中旬が最盛期です。1本80〜100円。

イノシシ肉・・・特産品と言っていいのでしょうか?猟師がいますので野生の本栖のイノシシ肉を手に入れることが出来ます。値段は1kで7000円程度(時価)とちょっと高いがおいしいと評判です。松風という民宿で買えます。モツは予約が必要です。

鹿肉・・・2009年度からジビエ(野生肉)の肉処理場が完成。この周辺でとれた鹿をひれ肉、もも肉などと部位別に購入できるようになりました。2009年の時点では地元のレストランやホテルが優先的に買えるので、一般の購入はもう少し先かな?本栖湖では鹿肉を使った、鹿カレー/たたき/燻製などが食べれます。

ヒメマス・・・これも特産品と言っていいのでしょうか?本栖湖にてつり上げられます。ヒメマスはピンク色した肉で非常に上品な味で美味い。最近のヒメマスは小さいのが多くて大物は稀少になってしまいました。富士五湖では西湖でもヒメマスを手に入れることが出来ます。またヒメマスのシーズン中は地元の食堂にて食べることが出来ます。ぎぎでは大物のヒメマスを一年中たべることができます。本栖は12月と4月がヒメマス釣りのシーズンです。